犬や猫などのペットが布団の上でおしっこしてしまった!ときの対処方法

猫が布団の上に座っている画像

こんにちは。ダウンプロフェッサー・快眠アドバイザー・ピローアドバイザーの長谷川です。今回はあなたのかわいい犬や猫が布団の上でおしっこをしてしまったときの対応について紹介します。

かわいいペットが布団の上でおしっこしてしまった!こんな話は少なくありません。このようなことが起きた場合どうすればよいか、今あなたはパニックになっているのではないでしょうか?そんな方は落ち着いて読んでください。対応は以下の3つの手順をオススメします。

  1. きれいな雑巾やタオルでふき取る
  2. 布団専門のクリーニング店に出す
  3. 布団の打ち直しをする

これからそれぞれの具体的手順を紹介してきます。

まずは吹き取っててみる

掃除をしようとするおばさんの画像
おしっこされた布団はまずは拭き取ってみましょう。バケツときれいなタオルなどを用意し、おしっこされた部分を拭き取ります。バケツの水には中性洗剤を含めてください。ハイターなど薄めて使用してもいいですが、生地を傷める可能性がありますので、注意してくださいね。

この方法できちんと匂いが取れればOKですが、それは少量のおしっこをされた場合です。ほとんどの場合がこれだけでは匂いや汚れは取れないと思いますが、初期対応としては効果がありますのでやっておいて損はありません。

羽毛布団の上でおしっこをされてしまった場合

羽毛布団の上でおしっこをしてしまった場合の対処法はちょっと特殊です。羽毛布団の側生地というものはダウンプルーフ加工というものを施してます。

このダウンプルーフ加工というものは簡単に言うと、生地の密度を高くして羽毛が生地から出ないようにする加工です。羽毛は針の穴一本でも開くと出てしまうので、密度の高い加工が必要なのですね。

この加工をしている側生地は先ほども言ったとおり、生地の密度が高いので羽毛が出にくいと同時に、水分を中に通しづらいという特徴もあります。

ということは、おしっこをされてもそれほど慌てることはありません。すぐさま雑巾などでふき取りましょう。その後天日に1時間ほど干してください。

側生地の表面に臭いが残る可能性もあるので、水に溶いた中性洗剤を雑巾に含ませ、吸い取ることで臭いもとれると思います。もしおしっこをしたのが気づかず、後になったとしても以上の手順を試してみてください。

その上で臭いが取れず気になる場合は、中に染み込んでしまっていると考えられます。このような場合はのちほど紹介する布団の打ち直しをするしかないでしょう。

布団の打ち直しについてはこちらから

布団専門のクリーニング店に出す

拭き取っても匂いが取れない場合、やはり専門のクリーニング店に相談するとよいでしょう。気をつけるのは布団専門のクリーニング店ということです。「

主に衣類のクリーニングだけど、布団のクリーニングもやってるよ」的なお店の場合、ドライクリーニングで対応されることが多いです。ドライクリーニングではおしっこなどの匂いが落ち切るか微妙です。

やはり布団のクリーニングは布団専門のクリーニング店に出すことを強くおすすめします。

ドライクリーニングとは?

ドライクリーニングとは水を使わないクリーニング方法です。水の代わりに有機溶剤というものを使用し汚れを落とすという方法です。有機溶剤とは簡単い言うと油系の溶剤と思っていただければいいと思います。

ドライクリーニングは通常の水のクリーニングをすると何かしらの変化が起こってしまう素材をクリーニングする際に用いられるようです。

おすすめの布団専門クリーニング店は?

布団を汚してしまったあなたにおすすめしたい布団クリニーニング専門店は「フレスコ」です。文字通り布団のクリーニングに特化していて、それぞれの素材にあった洗剤を用意しているので、様々な布団に対応できるのが良いところです。

フレスコの詳細はこちらから



クリーニングできない布団の素材

とはいえども、クリーニングできない素材もあるのです。クリーニングできない素材は

シルク(真綿)、低反発素材、ムートン

これらの素材はクリーニングできません。よくある間違いで真綿(まわた)と木綿を同じものだと勘違いしている方が結構多いのですが、真綿(まわた)とはシルクのことで木綿(コットン)でなないので注意してください。

フレスコをおすすめする理由

フレスコの布団のクリーニングのこだわりは「布団にダメージを与えない」ということを徹底していることです。もちろんクリーニングは汚れを落とすのが目的です。

しかしフレスコは表面的な汚れというよりも、布団の中身の汚れを落とすことこだわってるのです。それは布団の汚れであなたにダメージを与えるのは、表面的な汚れでなく布団の中から出るハウスダストだからです。

衣類などは表面的な汚れを落とすことは重要なのはわかります。しかし布団の表面の汚れを無理やり落とそうとすると、どうしても必要なのが漂白剤です。

しかしフレスコは「布団の側生地を痛める」ということから漂白剤は一切使わないのです。なのでシミは落ちにくいですが、布団の中身はキレイになり布団も安全に戻ってくるのです。

フレスコの詳細はこちらから



布団は水洗いしてはだめなの?

では布団は水洗いしてはだめなのでしょうか?いやそんなことはありません。基本的には水洗いしても大丈夫です。よく衣料専門のクリーニング店では羽毛布団はドライクリーニングで対応されるケースが多いのですが、羽毛は水鳥なので水洗いできないわけがありません。

羽毛布団はもちろんのこと、木綿布団やポリエステル布団、ムアツふとんをはじめとするウレタン素材の布団も水洗い可能です。わからない場合は販売店に問い合わせてみましょう。

コインランドリーで自分でクリーニングして大丈夫?

最近のコインランドリーでは布団も洗濯可能のようです。しかし失敗することも少なくないようです。失敗とは布団がぐちゃぐちゃになったとか、羽毛が偏ってしまったとかです。

これはかなり手痛いですよね。きちんと説明を読んでいないか、コインランドリーでクリーニングしてはやばい状態の布団だったのかもしれませんね。まあ個人的にあまりオススメしません。

コインランドリーでクリーニングをする注意点についてのブログも書いてますので、よければ参考にしてください。

フレスコは送料無料・複数枚で注文がおすすめ



フレスコは配送料が無料となっているのが魅力的です。しかしクリーニングする布団が1枚の場合は価格が1万円以上してしまいますので割高です。1枚での申し込みは避けた方がいいですね。

ところが3枚となると、15,000円弱と1枚で注文するよりも半分の価格になるのです。注文単位は1枚、2枚、3枚なので3枚そろったらフレスコに注文するのがよいでしょう。

フレスコで注文すると、布団の発送キットが届きます。そこにあなたの布団を入れて着払伝票で発送。あなたには配送料金はかかりません

その後工場でクリーニング後にあなたの元にきれいになった1日の3分の1を共にする布団が帰ってくるという仕組みです。

注意するのが3枚単位で注文するということです。2枚でもちょっと割高なので3枚での注文が望ましいです。

宅配便でラクラク!全国送料無料!
布団丸洗いのフレスコ

布団をクリーニングの出す前に気を付ける点

布団をクリーニングに出す前に気を付ける点が一つあります。それは生地の傷みです。布団は長年使用しているとどうしても側生地に傷みがでてきます。

特に男性の場合は掛布団の襟元が汚れるて傷んでいる傾向が強いです。側生地に傷みがあるとクリーニングした際、傷んだ生地の部分が破れたりする場合があるので注意が必要です。

傷んだ生地

この布団のように生地が変色している場合は要注意です。クリーニングはやめた方がいいですね。もし羽毛が少しでも出てきている状況ならば、クリーニングは避けてくださいね。そのような場合は次に紹介する手段の打ち直し(リフォーム)しかありません。

布団の打ち直しをしてもらう(リフォーム)

布団の打ち直しは最終手段ですね。しかし打ち直しをすれば間違いなくきれいになります。とにかくきれいにしたいという方にはもっともおすすめの手段です

布団の打ち直しとは簡単に言うと、布団の側生地を剥がしてわたの状態にした後、機械で打ちほぐして高音で殺菌し、衛生的になったわたを布団職人が布団に仕立て直す作業です。

羽毛布団の場合は、側生地から羽毛を取り出して洗浄し、新しい側記事に羽毛を吹き込んで新品同様の羽毛布団に仕立て直す作業です。詳細は以下の記事を参照ください。

布団の打ち直しは、わたや羽毛自体を殺菌もしくは洗浄するので匂いなどは間違いなく除去でき、側生地はまるまる交換するので、おしっこでできたシミなどは気にすることもなくなります。しかし注意点があります。

布団の打ち直しができる素材が限られる

注意点は布団の打ち直しができる素材が限られるということです。具体的に言うと、木綿・羽毛・羊毛(100%)に限られます。打ち直し業者によっては多少の違いがありますが、おおよそこの3つの素材に限られます。ポリエステルやウレタンは不可能です。

打ち直しできる素材の布団についての動画をご覧いただければよくわかると思います。

布団の打ち直しはどこでできるの?

布団の打ち直しは当店・ふとんの長谷川で全国対応しております(関東地域以外では送料が発生します)。ご相談は無料ですので、少しでも布団をなんとかしたいと思うお気持ちがあればぜひご相談ください。

当たり前ですがご相談後の強引な勧誘などは一切行いません。ご納得いただいた上でお申し込みいただけるのが一番と思ってます。

布団の打ち直しのbefere after

お電話でのお問い合わせ