布団叩きはどのように使えばいいの?

布団叩き

昔、布団叩きというと布団に対して、パンパンと音を立てて叩いていたというイメージがあると思います。叩くことによって埃やダニを除去するという振り払うやり方です。

 

ところが近年はこのやり方は良くないと言われております。その理由は強く叩くことにより、布団の生地が損傷してしまうこと、そして叩いた布団の中素材も損傷してしまい、それがハウスダストにつながる可能性があるのです。また特に埃っぽいとされるのが木綿布団です。昔は木綿布団が主流だったので、叩いて埃を飛ばしていたのですが、実はあまり効果がないということがわかってきたのです。

木綿わた以外の素材の布団の台頭

1990年代になり、木綿わた以外の様々な種類の布団が登場してきました。ムアツ布団をはじめとするウレタン素材布団、ポリエステル素材布団、羊毛布団、羊毛混布団などが、様々な機能を持って販売されるようになったのです。これらの中では生地が弱い布団もあるので、バンバン叩くと生地が切れてしまうトラブルが発生してしまうのです。ではどのように叩けばよいのでしょう?

布団叩きブラシ付き

最近の布団叩きはこのようなブラシが付いているものもよく売られているようです。

布団叩き裏面

布団叩き表面ブラシ

叩き方はまず、ブラシのついていない反対面で軽く叩きます。その後ブラシをついている方で布団の表面なでるようにして埃を取っていきます。あまり強くなでないように気を付けてください。側生地が損傷してしまう可能性があります。

 

 

正直それだけでは布団から埃を取るには不十分に思います。そこで重宝するのが布団専用クリーナーです。これで布団の表面を掃除することによってより衛生的になるのは間違いないでしょう。



このレイコップは布団クリーナーの中でもパイオニアとして知られております。布団の表面から埃・ダニ・ダニの死骸を吸い取ってくれる、ハウスダストが気になる方はぜひ持っておいて損はありません。上記バナーをクリックすれば詳細がわかります。