CATEGORY

布団のお手入れ

  • 2021年4月26日
  • 2022年2月3日

羽毛布団を圧縮して収納したいけど大丈夫?正しい羽毛布団収納方法

  やよい 羽毛布団そろそろしまおうかなあ。でも毎年毎年思うんだけど、がさばってしょうがないのよのね。 焼肉屋まさのり やよいちゃん、大丈夫だよ。羽毛布団は圧縮袋に入れて収納すればこんなにコンパクトに!! ちょっと待ってください。それ羽毛布団を壊すことと同じです!! 焼肉屋まさのり な、な […]

  • 2019年1月19日
  • 2022年2月3日

敷布団は洗濯できる?おねしょなどで汚した敷布団の対応方法を紹介

こんにちは。快眠アドバイザー・ダウンプロフェッサーの長谷川です。テレビ東京に6度「布団の専門家」として出演したことがあります。 よく「敷布団って洗濯できるの?」質問をいただきます。おねしょや嘔吐などで敷布団を汚してしまったら、洗濯したいと思うのは当然ですよね。結論から言うと ほとんどの敷布団は洗濯す […]

  • 2017年10月21日
  • 2018年4月20日

羽毛布団のクリーニングはコインランドリーで大丈夫か?

こんばんは。ダウンプロフェッサー・快眠アドバイザー・ピローアドバイザーの長谷川です。今回「羽毛布団が汚れたのでコインランドリーで洗濯しても大丈夫ですか?」とご質問いただいたので、お答えします。 羽毛布団のクリーニングはコインランドリーでも可能 昨今のコインランドリーは機械の技術も発達し、冬用の厚手の […]

  • 2017年9月9日
  • 2022年2月3日

羽毛布団の自宅でのクリーニングは可能か?

羽毛布団の自宅でのクリーニングは可能か? キルティングが切れて羽毛が中で移動することも 基本的に羽毛布団は水鳥なので、水洗いは可能です。ですが基本的に冬掛けの羽毛布団はかさ高があるので、一般的な家庭用洗濯機では無理だと思います。できたとしてもそうそうきれいにはならないと思います。ただし薄めの羽毛布団 […]

  • 2017年9月3日
  • 2018年3月5日

羽毛布団の中にはダニがいっぱいいるのか?

こんにちは。ダウンプロフェッサー・快眠アドバイザー・ピローアドバイザーの長谷川です。布団はダニの宝庫と言われています。確かにダニにとってじめじめした布団はとても住みやすい環境なのです。 まさに日本は高温多湿なのでダニにとってみれば布団はうれしい存在なのでしょう。ダニは肉眼では確認できないほど小さいの […]

  • 2017年7月31日
  • 2017年7月31日

羽毛布団を収納したいのだが袋をなくしてしまった時の対応|簡単収納方法

羽毛布団を収納したいのだが袋をなくしてしまった時の対応|簡単収納方法 羽毛布団は大きい上にかさがあるので、敷布団のようにたたんで押し入れに収納ということができません。でも購入したときに下の画像のような収納ケースがあったかと思います。 ところがこの収納ケースをなくしてしまったり、破損してしまったりする […]

  • 2017年6月9日
  • 2022年2月19日

布団叩きはどのように使えばいいの?|布団叩きの使い方

布団叩きはどのように使えばいいの? 昔、布団叩きというと布団に対して、パンパンと音を立てて叩いていたというイメージがあると思います。叩くことによって埃やダニを除去するという振り払うやり方です。 ところが近年はこのやり方は良くないと言われております。その理由は強く叩くことにより、布団の生地が損傷してし […]

  • 2017年6月3日
  • 2018年3月13日

天日干しで布団からダニを退治できるか?

こんにちは。ダウンプロフェッサー・快眠アドバイザー・ピローアドバイザーの長谷川です。布団のお手入れで気になるのが、ダニですよね。みなさんは布団のお手入れはどうしているでしょうか? 掛け布団や敷布団は天日干しをしている人が多いのではないのでしょうか?最近では洗濯機で洗える布団も販売されていますが、手っ […]

  • 2017年6月1日
  • 2017年7月25日

布団のダニを除去したい|布団からダニを退治する方法|50度以上で死滅

布団のダニを除去したい|布団からダニを退治する方法|50度以上で死滅 ここでは布団に潜むダニを退治する方法を紹介します。 梅雨時から秋まではダニの繁殖期 梅雨時になると、布団がなかなか干せなくなり、布団がじめ~っとしてしまうこともあるでしょう。もちろん湿度も高くなり寝汗もいっぱいかくことでしょうから […]

  • 2017年5月26日
  • 2017年5月27日

湿気が多い梅雨時の布団のお手入れ・保管方法は?

湿気が多い梅雨時の布団のお手入れ・保管方法は? 梅雨時は湿気が多くカビの原因になる 日本はもともと湿気の多い国です。とくに梅雨時になると気温がそれほど高くなくても、ジメジメと蒸し暑くなるのは必須です。こんなとき寝具の状態も黄色信号が点灯しています。 特に敷布団を湿気を保ったまま放置しておくとどうなる […]

今すぐ電話でお問い合わせ(月曜定休)