腰痛対策の敷布団

腰痛の原因は?

腰痛の原因は様々です。もともと腰痛持ちであったり、ぎっくり腰を経験したことがある方などは腰痛は出やすいです。

こういった方々が敷布団を変えたとしても、腰痛が治るということはまずありません。

というよりもよりその人に合う敷布団を使うことにより、腰痛がより酷くなることはないということは言えます。

腰痛は一般的に「不自然な体制を維持していると発症する」と言われております。

根姿勢の体重分布

左の図は仰向けに寝たときの体重の分布率です。腰の部分が45%と一番比重が大きいですね。つまり、やわらかすぎる敷布団だと腰が沈み、不自然な体制になり、また逆に硬すぎると臀部と背中を圧迫してしまうので、これも不自然な体制になってしまうのです。

 

体圧分散

これをより自然な体系を保つのが体圧分散により優れた敷布団なのです。

ウレタン敷布団

その代表的なものがウレタン素材の敷布団です。

以下に敷布団のその中でも腰痛持っている方には特化した敷布団をご紹介します。

 


4つ折り敷布団

この四つ折り敷布団は一枚で使用できるタイプの敷布団です。素材はウレタンの凹凸で体圧分散に優れ、ウレタンのデメリットである「蒸し暑さ」を解消するためにイギリス産の羊毛100%がウレタンの凹凸の上に敷き詰められている特殊な敷布団です。


 

 


天然素材にこだわる腰痛対策敷布団

 

 

 

キャメル敷布団

キャメル敷布団は天然素材の中でもトップクラスの素材です。

キャメル敷布団の詳細はこちらをクリック

その秘密はラクダの毛にあります。冬は極寒、夏は灼熱、そんな厳しい環境の中をたくましく生きているモンゴルのフタコブラクダ。春から夏にかけて抜け落ちる毛を集めて布団にするという、日本人のずる賢さ(^^;から生まれた敷布団なのです。ただキャメル素材だから全部同じと思ったら全然違うようです。日本のしっかりとしたメーカーで作られたモンゴル生まれの素材がやはり一番よいようで、毛は強靭で身体をしっかりと受け止め、体圧分散しよりよい寝心地を与えるとのことです。ぜひ一度はチェックを!

 

その他の寝具は現在調査中です。よいものが見つかりましたらご紹介したいと思います。