布団を汚してしまった・どうやって洗うの?洗い方・対処法について解説

こんにちは。ダウンプロフェッサー・快眠アドバイザーの長谷川です。先日布団を干したら物干し竿が破損してしまい、中から泥水が流れてきて汚してしまったからどうしたらよいか、ご相談受けました。
汚れた布団

汚れてしまったときの対処法

上の画像がお客さまからお預かりした布団です。部分的ではありますが、かなり目立つ汚れですね。しかも泥水のようなので、黒っぽくなってしまっています。基本的に布団は個人では洗うことができません。

雑巾などで拭き取る

まずは雑巾、雑巾が汚いというならば、安いタオルなどですぐ拭き取ることが重要です。衣料用洗剤も多少含ませてもよいでしょう。ですが頑張っても多少のシミは残ってしまいます。

クリーニングに出す

拭き取ったのち、布団専門のクリーニングに出してもよいでしょう。そのほうが衛生的になるのは間違いありません。当店でもクリーニングは行っているのですが、全国対応はしておらず、当店近隣にお住まいのお客さまだけの対応となってしまいます。

当店近隣でないあなたは、宅配便で全国対応で布団のクリーニングを行っている、フレスコさんおすすめです。
宅配便でラクラク!全国送料無料!
布団丸洗いのフレスコ



打ち直しに出す

一番きれいになる方法が布団を打ち直しに出すことです。打ち直しは側生地も新しいものに交換し、わたも機械でほぐして殺菌しますので、一番衛生的と言えるでしょう。

ふとんの打ち直しとは

ふとんの打ち直しバナー
結局、冒頭のお客さまには布団の打ち直しをおすすめし、打ち直しでご注文いただきました。

コインランドリーで洗ってはだめ?

最近のコインランドリーではわたの布団を洗うことが可能な機械があるようです。ですがハードルが高いようで、コインランドリーで洗濯したらぐちゃぐちゃになってしまったという話も少なくありません(詳細はこちらを参照)。

コインランドリーで洗濯しないほうが無難でしょう。もちろんコインランドリーのお店に掲示されているマニュアル通りにきちんと洗濯すれば、大丈夫だとは思います。

まとめ
布団を汚してしまった時の対応は

  1. よりきれいにしたい場合は「布団の打ち直し」
  2. あまりお金をかけたくない場合は「クリーニング」
  3. とりあえず、多少きれいになればよい場合は「洗剤を含ませての拭き取り」

以上の3つになります。以上ご参考になれば幸いです。

お手持ちの布団が打ち直し可能かどうかわからない場合は下の動画をご参照ください。


羽毛布団のリフォームはこちらから